Professional 1st Step

データビデオエッセンシャルを使ってのスカウティングから分析の流れがどのようなものか知りたい方のために初歩的な操作方法を紹介します。

データバレーを使った基本的な操作方法

 

1.準備

試合が始まる前に準備が必要です。データバレーを使って入力する場合、これらの手順は必要ありません。

1-1.チームファイルの作成

まず試合を行うチームのチームファイルを作成します。これは試合ごとに行う必要はなく、リーグや大会の始まる前に行います。

1-2.映像の取り込み

すでにPCに取り込み済みのビデオファイルを指定します。Windows Media Playerで見ることが出来るファイルは取り込みが可能です。指定と同時にデータバレーの標準フォーマットであるXvidフォーマットへの変換を推奨します。

1-3.試合データの入力

大会名や日時を入力します。直接必要になるデータではありませんが、詳細に入力することで後からの検索が簡単になります。

1-4.ベンチ入りメンバーの選択

チームファイルに登録したメンバーからベンチ入りしているメンバーを選択します。

 

MENU