main.jpg

ess.jpg

新着情報

データバレー4発売開始

データバレーの新バージョン、「データバレー4」が発売開始されました。
LinkIcon詳細はこちら

2014年4月消費増税後の価格

2014年4月とその後消費税が増税されるため、これまでソフトウエアの価格を内税表示とさせていただいていたものを外税方式とさせていただきます。増税に伴い、実質的な価格が値上げと成ってしまいますことをご理解下さい。


LinkIcon詳細はこちら

講習会情報を掲載しました

データビデオエッセンシャル体験・入門コース、データバレープロフェッショナル体験・入門コースについての情報を掲載しました。
ソフトウエアの購入を検討している方。購入者で使い方を学びたい方。自チーム、または、大事な試合の対戦相手を分析したい人は是非ご参加ください。
LinkIcon詳細はこちら

データバレー紹介ビデオを公開

youtubeにて、データバレーの紹介ビデオが公開されました。
データバレーを使ってみたいけど、どんなものかわからない、データバレーに興味があるという方は是非ご覧になってみてください。
LinkIcon紹介ビデオはこちら

サポートページを新設しました

AA.JPGメールサポート

データバレー、データビデオに関してトラブルが発生した場合は、上記のサポートページから、問題の種類、使用しているハードウエア、エラーメッセージ、どんなときに起こるか、再現性があるのかなどをお知らせの上、サポートの依頼をお申し込みください。


データバレー紹介ビデオ

Data Volley is here

Data Volley Promo Eng

oly.jpg

2008年の北京オリンピックバレーボール競技では、男女計24チーム中、
22チームがバレーボール分析ソフトウェア 「データバレー、データビデオ」 を使用していました。


彼を知り己を知れば百戦あやうからず

 この言葉は 「彼を知り己を知れば百戦殆うからず。彼を知らずして己を知れば一勝一敗。 彼を知らず己を知らざれば戦うごとに必ず殆うし」と続きます。出典は孫子13篇のうちの「謀攻篇」で、現代的にいうと「情報戦略篇」といったところでしょうか。この言葉は「戦」に備えるものの核心を突いており、2500年以上経た今も色あせないものです。main.jpg
 現代のバレーボールにおいても「情報」や「データ」は重視されており、トップレベルから大学、一般のクラブチームまで様々な形でデータを利用しています。しかし、このデータの処理が適切に行われないと、「彼を知ったつもり」「己を知ったつもり」となってしまい、結果として「彼を知らず己も知らず、いつも危いゲームばかり」という状態となってしまいます。
また、データを活用するということは、単にビデオで撮影したり、スパイク決定率を計算することではありません。有効な方法でデータを収集分析しなければ、情報戦線を生き抜くことは出来ないのです。バレーボールのデータ分析に特化したソフトウェア「データバレー」「データビデオ」を使用すれば、効率的な情報収集、効果的なデータ分析を行うことが出来ます。

現代におけるデータバレー

DSC_0030.jpg  情報技術を世界で一番活用しているといわれるイタリア・ナショナルチームやアメリカナショナルチームをはじめ、その他多くのナショナルチーム、クラブチームが活用しているゲーム分析ソフトウエア、それが「データバレー」です。これらのチームの高い要求に10年以上答えてきた結果が、他を寄せ付けない機能の充実に結びついています。世界最高峰リーグ、イタリア「セリエA」の公式ウェブサイトにも採用されるなど、世界のトップシェアを誇ります。2003年より日本語版が登場し 「データバレー」はもはや業界標準(デファクトスタンダード)といっても過言ではありません。 また2007年には大幅に機能を改修した「データバレー2007」が登場しました。