Professional 1st Step

データバレーを使ってのスカウティングから分析の流れがどのようなものか知りたい方のために初歩的な操作方法を紹介します。文中ではプロフェッショナルセットの使用を前提としています。

データビデオエッセンシャルを使った基本的な操作方法

 

 

1.準備

試合が始まる前に準備が必要です。

1-1.チームファイルの作成

まず試合を行うチームのチームファイルを作成します。これは試合ごとに行う必要はなく、リーグや大会の始まる前に行います。各選手に固有のIDを割り当てることで背番号が変わっても対応できます。

1-2.試合データの入力

大会名や日時を入力します。直接必要になるデータではありませんが、詳細に入力することで後からの検索が簡単になります。

1-3.ベンチ入りメンバーの選択

チームファイルに登録したメンバーからベンチ入りしているメンバーを選択します。

1-4.ラインナップの入力

スターティングラインナップを入力します。
ここでセッターが何番かも入力します。データバレーではセッターの位置によってそのチームのローテーションが決められます。