Data Volleyに関してよくある質問

 

使用前の準備

新規購入時、3か月以内であれば、無料で基礎講習を受けていただけます。基礎講習では、入力の仕方、基礎分析機能、ビデオとの連携、上級レベルの入力方法へのステップアップの方法という内容をカバーします。この講習を受けていただくと、ほぼ初級レベルの入力はできるようになり、さらに2~3週間毎日1時間程度の練習をしていただくと、無理なく上級レベルの入力ができるようになります。

データバレーは、Windowsのみでの扱いとなります。Mac BookにWindowsのエミュレータを入れて頂くと使用可能です(M1プロセッサ搭載のものを除く)。M1プロセッサ搭載のMacでは、プロテクションキーのドライバが対応しておらず、データバレーは使用できません。

ただし、コンピュータとWindowsの間にエミュレータという別物がはいってしまうため、処理が遅くなる可能性があります。映像のフォーマット変換や、編集ビデオをファイルに落とすなどの作業での影響が考えられます。また、エミュレータとWindowsを別途購入することになりますので、Windows PCを購入するのと、比較してみることをお勧めします。

【データプロジェクト社推奨】

Parallels Desktop for Macを購入し、Windowsをインストール  詳細

※クリック&スカウトのみiPadでもご使用いただけます。Apple Storeを通じて、データプロジェクト社から直接ご購入となります。 詳細はこちらから

 

Data Volley 4は、Windowsオペレーティングシステム(Windows 10、Windows 8、Windows 7、VISTA、XP SP3)で機能します。スムーズに操作するには、Core i5プロセッサー、4GB以上のRAM、プロテクションキーを挿入するためのUSBポート(タイプA)、およびライセンスのアクティベーションとアップデートするためのインターネット接続が必要です。

Windows10でのRAM(Random Access Memory)の確認方法

RAM、メインメモリの容量はシステム情報から確認することが可能です。

  1. 確認方法は、まずWindowsボタンをクリックして、「設定」を開く。
  2. 設定の中から、「システム」を選択。
  3. システムメニューの「バージョン情報」からRAMの容量を確認可能。
    「実装RAM」の部分がメインメモリの容量。

動画はPC上にあればよいですので、ビデオカメラからUSBで取り込むことがほとんどです。SDカードなどで取り込むことも可能です。

キャプチャ(試合中リアルタイムでPCに取り込む方法)する際は、別途それ用のデバイスが必要ですが、ベンチに映像を送信することがなければ、必要ありません。

最低限その2つがあれば大丈夫です。

あれば便利なものとしては、ビデオカメラ用三脚やUSBケーブル、バックアップ用外付けハードディスク、無線ルーター+タブレットPC/iPad(ベンチコネクション利用の場合)などがあります。

選手たちが自分へのフィードバックとして映像を確認するようであれば、追加のPCもあれば便利です(ソフトの追加は必要ありません)。

Load More

 

使用中に関して

1.ネットワークでつながってない

1.1 いずれか、もしくは両方のPCが無線LANなどに繋がってない
  →cmdを立ち上げてipconfigでpcのipアドレスを調べる。
  →もう一方のpcのcmdウィンドウでping で通信できているか確かめる。
※無線LANなどでインターネット回線につながってなくても、ウェブクライアントはつながります。同じ回線を使用してください。

1.2 お互いのPCを認識していない(Windowsネットワーク)
  Explorerのネットワークの下にもう1台のpcが認識されているか確かめる。

2.ファイアウォールが通信を遮断している

  ファイアウォールを一時的に停止して試してみる。

3.データバレーが通信を受け取れていない

  ブラウザにURLを入力して、ウェブクライアントが見れるかを確認してみる。

弊社では、具体的な有効期限は分かりかねます。

お使いのデータバレー4を立ち上げていただき、下の「Licensed to」をクリックしていただくと、使用期限が書かれておりますので、そちらからお調べくださいますようお願いいたします。

最初から高レベルの入力を目指してはいませんか?

まずは「1S a1A 2A#」といった簡単な入力を完璧に出来るようにしてください。

その上で、レセプション、ブロックなどの対応プレー、コース、評価、コンビなどを1つづつ入力できる項目を増やすようにすれば、上達は早いと思います。

まずは気付いた段階でctrl(ネットの向こうだったらShift)+←、→を使って、実際のローテーションに修正しましょう。

その後、それまでのラリーのローテーションを修正する必要があります。

試合後に同期した後、データビデオを使ってサーブの場面を確かめます。セッター位置はコード「z」によって表されています。

実際の映像とコードのセッター位置が違った場合、コードを修正してください。

おそらくそのセットのどこかで得点をした選手のチームを間違えたか、エンドラリーキーを間違ったチームに入れてしまったという二つがこの現象の大きな原因です。

例:味方1番がスパイクを決めたのに相手チームのラリー勝ちにしてしまった。

おそらくコードリストではこうなっています。「*01A#(01A#) $$&H#(99&H#)」

正しくは「*01A#(01A#) $$&H=(99&H=)」になります。

データビデオでの確認作業を念入りに行ってください。

分析を保存する際に名前を全角(日本語)で保存すると、分析の内容を保存することができません。分析を保存する際は半角英数字を使用して下さい。

(例:2019年9月27日の女子W杯 日本対セルビア → 2019.9.27_WC_JPN-SER)

キーの根本部分はぐらついていませんか?
プロテクションキーのハード的な破損により、認識がされない場合が多くあります。バレーボール・アンリミテッドに連絡を頂ければ、5000円(税抜)でキーの交換が可能となっております。

プロテクションキーを紛失された場合、購入されたソフトの価格の15%(税込19,800円)をお支払いいただければ、再発行を行います。バレーボール・アンリミテッドにご連絡ください。これはあくまで紛失した場合の対応であり、追加のキー発行はできません。

修正したスカウトファイルをデータバレーのフォルダに戻しましたか?

同期をする際、スカウトファイルをDvs_Videoフォルダにコピーするので、修正が終わったとしても、データバレーのフォルダにあるスカウトファイルは更新されていません。

修正が終わったスカウトファイルはC:¥Dataproject¥Datavolley4¥Seasons¥(シーズンの名前)¥Scoutにコピーしてください

データバレーで読み込み直して完了です。

Load More

 

上記の件では解決できない

こちらのフォームを入力して、送信してください。

連絡代表者氏名

所属チーム名

連絡用電話番号

連絡用メールアドレス

お使いのPC機種(できるだけ詳細に)

Windowsのバージョン

Windows11Windows10Windows8Windows7VISTAXP SP3

DV4のバージョン

エラーが起こる時

エラーはどのような時に起こりますか(できるだけ詳細に) 同じ操作で必ず起こる同じ操作でほとんど起こる同じ操作でときどき起こるどのような時に起こるか分からない

エラーの内容(できるだけ詳細に)

添付ファイル

エラー画面の写真(解像度が十分に高い画面のスクリーンショット)やスカウトファイル、zip圧縮したログフォルダ(C:Data ProjectData Volley 4Log)などを添付してください

以下の項目で試したことがあったらチェックを入れてください。

データバレーの再起動Windowsの再起動別PCでの不具合の再現周りにいるPCに詳しい方に聞く関連する設定の変更

その他試したことがあればご記入ください。


備考